2012年06月27日

医師が警察官を引きずって逮捕!?

医師が、岡山で、27キロオーバーのスピード違反で取り締まりを受けた際、そのまま警察官を26メートル引きずって車を運転し、警察官に1週間のけがを負わせたとのことです。

医師は、当然逮捕されました。

http://www.asahi.com/national/update/0520/OSK201205200103.html

容疑は、3つ。

・最高速度違反(道路交通法) 最高刑懲役6月
・公務執行妨害罪 最高刑懲役3年
・傷害罪 最高刑懲役15年

今回、自動車を運転して人に怪我をさせていますが、「自動車運転過失致死傷罪」は成立しません。

「過失」ではないからです。

医師は、人を引きずったまま車を運転する認識はありました。

人を引きずったまま車を運転すると、怪我をすることは、もちろんわかっていたはずです。

したがって、「傷害」の故意がある、ということになります。

そうすると、「自動車運転過失致死傷罪」よりも重い「傷害罪」が適用される、ということです。

医師は急いでいた、とのことですが、なぜ、こんな危険なことをしたのか!?

きっと気が動転していたのでしょう。

スピード違反だけの取り締まりだったら、前科がなければ起訴されることも通常はありません。

反則金を払って終わりでしょう。

しかし、これだけの罪がついてしまうと、前科は免れません。

ミスを犯した場合、そのミスから逃げようとして行動を起こすと、より重大で深刻な事態に陥ることがあります。

気が動転する場面ではありますが、同時に冷静な判断が求められる場面でもあります。

改めて気をつけたいところです。


taniharamakoto at 08:42コメント(3)トラックバック(0)ニュース  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 京師美佳   2012年05月21日 09:43
本当に、残念な判断ですね。
素直に切符きられればいいのに。。。
これで、医師免許停止は避けれません。
名前も公表されますしね^^;
2. Posted by 弁護士 谷原誠   2012年05月21日 09:46
>京師美佳さん
全くです。
残念です。
本人は、このときの判断ミスを悔やんでも悔やみきれないでしょう。
自分も気をつけよう。(-_-)
3. Posted by ddinn   2012年06月27日 00:16
少し気になりまして、投稿いたします。
27キロオーバーで26メートル引きずられて1週間のけがを負ったので、それ相応のスピードだったわけですね。ブレーキを踏み始めてから約30メートル走って停止したので、車の時速は50キロほどでしょうか。時間にして5秒ほどのことでしょうか。
医師が超過速度で走ったことは当然責めを負うべきことですが、50キロで走る車に引っかかる可能性がある場所にそのまま立ち止まっていた警察官は災難ですね。
日本の警察はこのような危険な取り締まりを奨励するのでしょうか。
普通に考えれば警察官も生身なので、もう少し考慮されても良いのではないでしょうか。
違反を犯した医師とけがを負った警察官ともに大人としての自覚と責任を考えてほしいです。
お互いマイナスの積み重ねは良くありません。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

livedoor プロフィール
無料メルマガ!

読者数約17,000人
「弁護士 谷原誠の仕事の流儀」
(マガジンID:0000143169)
メールマガジン紹介

今すぐ登録を!

Powered by まぐまぐ

谷原誠の著書

●人を動かす質問力(角川書店)
●人生を思い通りに変える51の質問(角川書店)
●交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故訴訟における脊髄損傷と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故被害者のための損害賠償交渉術(同文館出版)
●弁護士がきちんと教える交通事故示談と慰謝料増額(あさ出版)
●弁護士・谷原誠式「戦略的交渉術」の極意(宝島社)
●弁護士の論理的な会話術(あさ出版)
●問題を見抜き、先回りし、手を打つ!(三笠書房)
●事業と資産を守りぬく新信託法活用術―資産防衛のための万能薬(カナリア書房)
●確実な債権回収のやり方と法律知識(同文館出版)
●するどい「質問力」! 図解問題を1秒で解決する(三笠書房)
●弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術(日本実業出版社)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか(あさ出版)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか〜実践編(あさ出版)
●思いどおりに他人を動かす交渉・説得の技術(同文館出版)
●他人を意のままにあやつる方法(KKベストセラーズ)
●病院の「医療費回収」マニュアル(ぱる出版)
●訴えてやるっ!―たったひとりの裁判奮戦記(扶桑社 )
●社長!個人情報、その取り扱いはキケンです。(あさ出版)
●意のままに人を動かす心理技術(KKベストセラーズ)
●賃貸トラブル 交渉と解決法(あさ出版)
●これで万全!手形・小切手がわかる本(ティーエスケー)

twitter
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ