2012年07月15日

一休さんとロッククライミングで宮司が激怒

ロッククライミングをしていて逮捕されました。

なぜ?

世界遺産の「那智の滝」でロッククライミングをしたためです。

世界遺産保護法?

いえいえ。

軽犯罪法違反です。

宮司さんは、激怒しています。

「2700年の歴史上、こんなことは初めて。ご神体として祭られているところに入るなんて宗教を侮辱されたようなもので、宮司として絶対に許せない」

軽犯罪法には、次のような規定があります。


第一条  左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。
32号 入ることを禁じた場所又は他人の田畑に正当な理由がなくて入つた者

今回は、敷地内が立ち入り禁止とされているのに、その敷地内に入った、ということで逮捕されたのでしょう。

ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120715/crm12071515140005-n1.htm

「立入禁止」の札が立っているところに入る時は、ご注意ください。

ちなみに、全ての家で、門の外に「セールス立入禁止」の札を掲げると、訪問販売会社は、つぶれてしまうかもしれませんね。

その昔、一休さんは、ある橋に「このはし、わたるべからず」と書いた立て札がある時、堂々と橋の真ん中を歩きました。

立て札を「この橋、渡るべからず」ではなく、「この端、渡るべからず」と読み替えたものです。

この観点からすると、一休さんは、「セールス立入禁止」に対しては、這って入るかもしれません。

「立って入るのは禁止されたが、這って入るのは禁止されていない!」と。(+o+)


taniharamakoto at 17:32コメント(0)トラックバック(0)ニュース  

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

livedoor プロフィール
無料メルマガ!

読者数約17,000人
「弁護士 谷原誠の仕事の流儀」
(マガジンID:0000143169)
メールマガジン紹介

今すぐ登録を!

Powered by まぐまぐ

谷原誠の著書

●人を動かす質問力(角川書店)
●人生を思い通りに変える51の質問(角川書店)
●交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故訴訟における脊髄損傷と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故被害者のための損害賠償交渉術(同文館出版)
●弁護士がきちんと教える交通事故示談と慰謝料増額(あさ出版)
●弁護士・谷原誠式「戦略的交渉術」の極意(宝島社)
●弁護士の論理的な会話術(あさ出版)
●問題を見抜き、先回りし、手を打つ!(三笠書房)
●事業と資産を守りぬく新信託法活用術―資産防衛のための万能薬(カナリア書房)
●確実な債権回収のやり方と法律知識(同文館出版)
●するどい「質問力」! 図解問題を1秒で解決する(三笠書房)
●弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術(日本実業出版社)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか(あさ出版)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか〜実践編(あさ出版)
●思いどおりに他人を動かす交渉・説得の技術(同文館出版)
●他人を意のままにあやつる方法(KKベストセラーズ)
●病院の「医療費回収」マニュアル(ぱる出版)
●訴えてやるっ!―たったひとりの裁判奮戦記(扶桑社 )
●社長!個人情報、その取り扱いはキケンです。(あさ出版)
●意のままに人を動かす心理技術(KKベストセラーズ)
●賃貸トラブル 交渉と解決法(あさ出版)
●これで万全!手形・小切手がわかる本(ティーエスケー)

twitter
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ