2012年07月19日

剣道と児童ポルノ

全日本剣道選手権の元チャンピオンの神奈川県警の31歳の巡査部長が、女子高校生から裸の写真を携帯電話に送信させたとして、警視庁に逮捕されました。

容疑は、いわゆる児童ポルノ禁止法違反。

具体的には、当時16歳だった女子高校生に「好きだから裸の写真を送って欲しい」などと言い、携帯電話で裸の写真3枚を撮らせて、自分の携帯電話に送信させた疑いです。

児童ポルノ禁止法は、児童ポルノなどを販売する行為などを規制していますが、今回は、児童ポルノを「製造した」罪です。

児童ポルノ禁止法では、18歳未満の児童に、衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激する姿態をとらせ、これを写真、電磁的記録に係る記録媒体で記録する行為を「製造」として規制しています。

今回も16歳の女子高生の裸の写真を撮らせたのですから、「製造」したことになります。

ところで、児童ポルノ禁止法では、製造された児童ポルノを購入したり、もらったりする行為を規制していません。

このことを知っている方もいると思います。

しかし、安心しないでください。

都道府県によっては、条例で禁止されています。

早速、京都府警では、児童ポルノ映像の購入者を、児童ポルノ規制条例違反で立件する方針を固めたそうです。

他の都道府県も、これに続くと思われます。

http://www.asahi.com/national/update/0719/OSK201207190055.html

知らずに買うと、捕まりますよ。

児童ポルノは、「撮らない、買わない、もらわない」の3原則を守っていただければと思います。


taniharamakoto at 22:20コメント(1)トラックバック(0)ニュース  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by YANKO   2012年07月19日 21:03
私が若かったころの
乗らない
取らない
買わない
の標語に似てて笑ったけど、
内容的には、雲泥の差・・ですね!
教育者も人間ですが、
そこは、理性を持って、行動してほしいですね。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

livedoor プロフィール
無料メルマガ!

読者数約17,000人
「弁護士 谷原誠の仕事の流儀」
(マガジンID:0000143169)
メールマガジン紹介

今すぐ登録を!

Powered by まぐまぐ

谷原誠の著書

●人を動かす質問力(角川書店)
●人生を思い通りに変える51の質問(角川書店)
●交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故訴訟における脊髄損傷と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故被害者のための損害賠償交渉術(同文館出版)
●弁護士がきちんと教える交通事故示談と慰謝料増額(あさ出版)
●弁護士・谷原誠式「戦略的交渉術」の極意(宝島社)
●弁護士の論理的な会話術(あさ出版)
●問題を見抜き、先回りし、手を打つ!(三笠書房)
●事業と資産を守りぬく新信託法活用術―資産防衛のための万能薬(カナリア書房)
●確実な債権回収のやり方と法律知識(同文館出版)
●するどい「質問力」! 図解問題を1秒で解決する(三笠書房)
●弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術(日本実業出版社)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか(あさ出版)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか〜実践編(あさ出版)
●思いどおりに他人を動かす交渉・説得の技術(同文館出版)
●他人を意のままにあやつる方法(KKベストセラーズ)
●病院の「医療費回収」マニュアル(ぱる出版)
●訴えてやるっ!―たったひとりの裁判奮戦記(扶桑社 )
●社長!個人情報、その取り扱いはキケンです。(あさ出版)
●意のままに人を動かす心理技術(KKベストセラーズ)
●賃貸トラブル 交渉と解決法(あさ出版)
●これで万全!手形・小切手がわかる本(ティーエスケー)

twitter
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ