2012年07月24日

将棋における決断力

決断力 (角川oneテーマ21)/羽生 善治

¥720
Amazon.co.jp

羽生善治氏は、1970年、埼玉県生まれ。

中学3年生で四段でプロになり、1996年には、「将棋界始まって以来の七冠達成」として日本中の話題となりました。

タイトルは「決断力」ですが、内容は、決断力にスポットを当てたものではなく、羽生氏の将棋に対する考え方を綴ったものです。

将棋は、一手一手交互に指します。

一度指したら、後戻りできません。

つまり、やり直しがきかないということです。

将棋は決断の連続です。

決断した後、後悔しても意味がありません。

人生と同じですね。

2つの手に絞り込んだあと、必ず一手を選択しなければなりません。

選択したら、後は、その道を歩き続けなければなりません。

人生においても、たとえばA社に就職するか、B社に就職するかという選択肢に絞り込んだら、どちらかを選択しなければなりません。

A社に就職してから、B社に転職する、という道もあるかもしれませんが、A社を退職するときには、「B社に転職するか、起業するか、大学に戻るか」という選択肢になっているかもしれず、やはりどれかを選択しなければなりません。

羽生氏は言います。

「直感の7割は正しい」

では、直感で決めるか?

直感で決めるのもいいですが、やはり迷ってしまいますね。


どれが正しいかは、後になってみないとわかりません。

後になってもわからないかもしれません。


結局、一度決断したら、その決断に責任を持つ覚悟が重要ですね。


taniharamakoto at 11:13コメント(1)トラックバック(0)書評  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 京師美佳   2012年07月24日 11:06
直感が7割は正しいと言うのには、
ほんと、同感です。
下手したら、8割9割かも。
例えそれで、不本意な結果に終わっても
少なくとも自分で決断していれば、
私は後悔しません。
人の意見に左右されないことですね。
アドバイスは、謙虚に受け止めないと
いけませんけど^-^

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

livedoor プロフィール
無料メルマガ!

読者数約17,000人
「弁護士 谷原誠の仕事の流儀」
(マガジンID:0000143169)
メールマガジン紹介

今すぐ登録を!

Powered by まぐまぐ

谷原誠の著書

●人を動かす質問力(角川書店)
●人生を思い通りに変える51の質問(角川書店)
●交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故訴訟における脊髄損傷と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故被害者のための損害賠償交渉術(同文館出版)
●弁護士がきちんと教える交通事故示談と慰謝料増額(あさ出版)
●弁護士・谷原誠式「戦略的交渉術」の極意(宝島社)
●弁護士の論理的な会話術(あさ出版)
●問題を見抜き、先回りし、手を打つ!(三笠書房)
●事業と資産を守りぬく新信託法活用術―資産防衛のための万能薬(カナリア書房)
●確実な債権回収のやり方と法律知識(同文館出版)
●するどい「質問力」! 図解問題を1秒で解決する(三笠書房)
●弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術(日本実業出版社)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか(あさ出版)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか〜実践編(あさ出版)
●思いどおりに他人を動かす交渉・説得の技術(同文館出版)
●他人を意のままにあやつる方法(KKベストセラーズ)
●病院の「医療費回収」マニュアル(ぱる出版)
●訴えてやるっ!―たったひとりの裁判奮戦記(扶桑社 )
●社長!個人情報、その取り扱いはキケンです。(あさ出版)
●意のままに人を動かす心理技術(KKベストセラーズ)
●賃貸トラブル 交渉と解決法(あさ出版)
●これで万全!手形・小切手がわかる本(ティーエスケー)

twitter
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ