2012年07月29日

ハイハイ商法とは!?

「ハイハイ商法」という悪質商法が流行っているようです。

これは、たとえば公民館などに人を集め、出られないようにして、販売員が言葉巧みに場を盛り上げ、商品をいくつか無料でプレゼントしますが、「欲しい人?」とか会場に聞いて「ハイ!ハイ!」などと手を上げさせ、気分を高揚させるとともに、手を挙げさせる習慣をすり込みます。

そして、その後高額商品の説明をし、「欲しい人?」と聞いて、冷静な判断ができなくなった人たちに「ハイ!ハイ!」と手を挙げさせ、高額商品を売りつける、という手法です。

国民生活センターが、注意を呼びかけています。

催眠商法とも言います。

「そんなことで買う人がいるのか?」

と思うかもしれませんが、人間の心理を巧みについた商法で、被害が後を絶ちません。


この「ハイハイ商法」に対抗する方法としては、

「ダチョウ倶楽部ディフェンス」

があります。

ダチョウ倶楽部のギャグの一つで、みんなが「ハイ!ハイ!」と手を挙げたたところで、全員がそのうちの一人に「どうぞ、どうぞ」と譲るギャグがあります。

そこで、高額商品が出てきたところで、みんなで「ハイ!ハイ!」と手を挙げ、そのとたん主催者に対し「どうぞ、どうぞ」と譲ってしまう、というディフェンスです。


しかし、このハイハイ商法の被害者、老人が多いそうです。

老人に、とっさにダチョウ倶楽部ディフェンスをするよう求めるのは難しいかもしれません。

そのときは、とりあえずクーリング・オフの書面を送った上で、消費生活センターや弁護士会などに相談するようおすすめします。

日弁連の相談窓口は、こちらです。
http://www.nichibenren.or.jp/contact/consultation.html


taniharamakoto at 14:01コメント(0)トラックバック(0)ブログ  

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

livedoor プロフィール
無料メルマガ!

読者数約17,000人
「弁護士 谷原誠の仕事の流儀」
(マガジンID:0000143169)
メールマガジン紹介

今すぐ登録を!

Powered by まぐまぐ

谷原誠の著書

●人を動かす質問力(角川書店)
●人生を思い通りに変える51の質問(角川書店)
●交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故訴訟における脊髄損傷と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故被害者のための損害賠償交渉術(同文館出版)
●弁護士がきちんと教える交通事故示談と慰謝料増額(あさ出版)
●弁護士・谷原誠式「戦略的交渉術」の極意(宝島社)
●弁護士の論理的な会話術(あさ出版)
●問題を見抜き、先回りし、手を打つ!(三笠書房)
●事業と資産を守りぬく新信託法活用術―資産防衛のための万能薬(カナリア書房)
●確実な債権回収のやり方と法律知識(同文館出版)
●するどい「質問力」! 図解問題を1秒で解決する(三笠書房)
●弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術(日本実業出版社)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか(あさ出版)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか〜実践編(あさ出版)
●思いどおりに他人を動かす交渉・説得の技術(同文館出版)
●他人を意のままにあやつる方法(KKベストセラーズ)
●病院の「医療費回収」マニュアル(ぱる出版)
●訴えてやるっ!―たったひとりの裁判奮戦記(扶桑社 )
●社長!個人情報、その取り扱いはキケンです。(あさ出版)
●意のままに人を動かす心理技術(KKベストセラーズ)
●賃貸トラブル 交渉と解決法(あさ出版)
●これで万全!手形・小切手がわかる本(ティーエスケー)

twitter
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ