2012年07月31日

保険金詐欺で18人逮捕ですと!?

交通事故の保険金詐欺で、なんと18人もが逮捕されたそうです。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/120731/osk12073102230003-n1.htm

手口としては、容疑者同士が乗る車を接触させ、車に乗っていた人が、怪我をしたことにし、整骨院で治療を受けたと偽って、保険金を受け取る、というものです。

整骨院の柔道整復師も共犯ということです。

ニュースによると、金額は、6年間に8件で約4000万円ということです。

18人もが関わっているというのは、かなり大がかりです。

よくみんな同意して協力したものです。

8件で4000万円というと、1件約500万円です。

これを整骨院で使うとなると、かなりの通院となります。

通常、保険会社は、治療代などを支出するときは、西洋医学の診断を基本とし、整形外科の診断書に加え整骨院の施術証明書などを徴求し、治療の必要性があるかどうかを毎月判断しますので、こんなに通院していると、「おかしい」と気づくはずです。

見落としたのでしょうか。

骨折などの場合はレントゲンなどで判断されるので、おそらくむち打ちなどと偽ったのでしょうか。

むち打ちの場合で他覚所見がない場合には、保険会社は通常6ヶ月もすれば治療費の支払いを打ち切ります。

怪我もしていないのに、それほど長期間治療費を受け取り続けることはできないように思います。

それにしても、こういう人がいるから、本当に怪我をして、通院をしている被害者までが疑われることになるのです。

やめてほしいと思います。(>_<)


taniharamakoto at 21:55コメント(0)トラックバック(0)ニュース  

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

livedoor プロフィール
無料メルマガ!

読者数約17,000人
「弁護士 谷原誠の仕事の流儀」
(マガジンID:0000143169)
メールマガジン紹介

今すぐ登録を!

Powered by まぐまぐ

谷原誠の著書

●人を動かす質問力(角川書店)
●人生を思い通りに変える51の質問(角川書店)
●交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故訴訟における脊髄損傷と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故被害者のための損害賠償交渉術(同文館出版)
●弁護士がきちんと教える交通事故示談と慰謝料増額(あさ出版)
●弁護士・谷原誠式「戦略的交渉術」の極意(宝島社)
●弁護士の論理的な会話術(あさ出版)
●問題を見抜き、先回りし、手を打つ!(三笠書房)
●事業と資産を守りぬく新信託法活用術―資産防衛のための万能薬(カナリア書房)
●確実な債権回収のやり方と法律知識(同文館出版)
●するどい「質問力」! 図解問題を1秒で解決する(三笠書房)
●弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術(日本実業出版社)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか(あさ出版)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか〜実践編(あさ出版)
●思いどおりに他人を動かす交渉・説得の技術(同文館出版)
●他人を意のままにあやつる方法(KKベストセラーズ)
●病院の「医療費回収」マニュアル(ぱる出版)
●訴えてやるっ!―たったひとりの裁判奮戦記(扶桑社 )
●社長!個人情報、その取り扱いはキケンです。(あさ出版)
●意のままに人を動かす心理技術(KKベストセラーズ)
●賃貸トラブル 交渉と解決法(あさ出版)
●これで万全!手形・小切手がわかる本(ティーエスケー)

twitter
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ