メルマガ

2008年08月31日

9月1日、2日の2日間、日本実業出版社様が、私の新刊本のために、「アマゾンキャンペーン」を実施してくれます。

それについて書いた本日発送の私のメルマガ「弁護士がこっそり教える絶対に負けない議論の奥義」を下記に転載します。

===========================

私は、子どもの頃、気が弱く口べたでした。
もちろん、交渉や議論が苦手でした。

しかし、私は今、弁護士として毎日が交渉の連続です。

気が弱い人は、どうしても気が強い人と交渉すると、負けてし
まいます。

私は、気が弱い人でも、気が強い人と交渉して負けない方法は
ないだろうか、と研究を重ねました。

今回、その成果を本にしました。

交渉は気が強く、押しが強い人だけの専売特許ではありません。

気が弱くても、交渉に関する知識と技があれば、充分戦えるの
です。

そればかりか、私の交渉術は、気が弱い人の方がむしろ適して
いるといえるものです。

「そんな交渉術ってあると思いますか?」


以下のような内容が書かれています。

・相手に「聞く耳」をもたせるには?

・相手を焦らせる「限定法」

・さりげなく要求する「質問話法」

・相手の防御を崩すキラーワード「その通り」

・断り文句の裏にある「OK」を引き出す「ポジティブ応酬話法」

・「時間」を利用して相手に決断を迫る方法

・混乱した頭を整理する「そもそも質問法」

・気弱でも使える「他力本願で脅す」方法

・最後の切り札「沈黙の話法」

・「クロスカウンター」でこちらの要求も通す方法

・弁護士直伝! 交渉シナリオのつくり方

・相手を撹乱させる金額の刻み方 など


今まで交渉で悔しい思いをしてきた方は、ぜひ本書の交渉術を
身につけ、自分の手で未来を切り開いていっていただきたいと
思います。


そうすると、いつの間にか自信がついて気が強くなってしまう
から不思議です。


日本実業出版社様がアマゾンキャンペーンをしてくれています。

9月1日(月)、2日(火)にアマゾンからご購入いただいた
方には、新たに書き下ろした

「交渉直前 最後の鉄則」

と以前に書いた、映画「交渉人」の中で使われている交渉テク
ニックを解説した

「映画で学ぶ交渉術」

の2点をプレゼントいたします。


今回の本の題名は、

「弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術」(日本実業出版社)


キャンペーンサイトは、以下のURLです。
今すぐ読んでみてください!

http://www.njg.co.jp/ama_cam/kiyowa/kiyowa.html


そして、「キャンペーンなど関係ない!でも読む!」
という方は、以下のURLで直接アマゾンに!

弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術


■後書き++++++++++++++++++++++++++

今まで十数冊本を書きましたが、アマゾンキャンペーンという
ものをやったことはありませんでした。

今回、日本実業出版社様が、私の本を応援していただき、キャ
ンペーンをしていただけることになりました。

感謝です。ヽ(~〜~ )ノ

ぜひ、ご購入いただき、特典PDFである、

「交渉直前 最後の鉄則」

「映画で学ぶ交渉術」

をゲットしていただきたいと思います。

今すぐどうぞ!

http://www.njg.co.jp/ama_cam/kiyowa/kiyowa.html

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

=========================


 



taniharamakoto at 21:00 

2006年01月16日

1月15日配信のメルマガからです。

 

こんな話があります。

1人の男がいました。

彼は、一流の大学を卒業し、若くして司法試験に合格し、弁護士として働きはじめました。

彼の欠点は、議論が苦手なことでした。

彼は、自分の環境に不満を持っていました。

給料は安く、やりがいのある事件も回してもらっていませんでした。

彼は、どうせ給料が安いし、やりがいのある事件もやらせてもらえないのだから、ということで、それに見合った仕事しかしませんでした。

つまり、なるべく手を抜いて楽をしようとしたのです。

彼は、自分が議論が苦手で、相手に論破されたり、裁判所で論理矛盾を指摘されたりしても、この程度の給料や仕事だったら、別にいいや、と思っていました。

いつも居酒屋で事務所のグチを言っていました。

その男を雇っている法律事務所の所長は、その男の仕事ぶりを見て、「これでは、とても給料は上げられないし、重要な仕事も任せられない。」

と考え、全く給料を上げず、より単純で頭を使わない仕事を彼に与えるようになりました。

すると、その男は、

「俺は経験を積んでスキルがアップしたのに、それに見合う給料をもらえない。給料が増えないということは、以前と同じ程度の仕事の質でいいということだ。それになんだ、この単調な仕事は。俺はなんて運が悪いんだ。」

と考え、より一層手を抜いた仕事をするようになりました。


法律事務所の所長は、その後、その男を解雇しました。


もう1人の男がいました。

彼も、一流の大学を卒業し、若くして司法試験に合格し、弁護士として働きはじめました。

彼の欠点も、議論が苦手なことでした。

しかし、彼は環境に不満を持つのではなく、自分に不満を持っていました。

もっと議論に強くなれば、一流の弁護士になれ、自分で環境を変えられるはずだ、と考えていました。

彼は議論の勉強を一生懸命しました。議論に関する本を買い、遊ぶ時間を惜しんで勉強しました。

はじめは相手の弁護士に議論で負けました。

しかし、次第に勝ったり負けたりになり、そのうち、負けることがなくなりました。

議論に強くなると、論理的な文章が書けるので、裁判でも勝つようになりました。

事務所内で事件の処理方針について議論するときも、論理的で説得力のある議論を展開することができるようになりました。

その男を雇っている法律事務所の所長は、その男が給料以上の働きと成果をあげていることを認め、給料をアップし、更に重要な仕事を与えるようになりました。

その男は、これに自信を得て、更に寸暇を惜しんで仕事に励み、また勉強しました。

その仕事は、アップした給料以上の働きと成果をあげるものでした。

その男を雇っていた法律事務所の所長は、彼に事務所の経営陣に加わって欲しいと依頼しました。

そして、その男は、法律事務所の経営者になり、その後もますます活躍しました。


これが物語です。



もしあなたが同じ境遇だったら、どちらの男になりたいですか?



この物語には、人生における極めて重要でシンプルな原則がいくつか含まれています。

今日申し上げたいのは、そのうちの次の原則です。


「何かを得るためには、それに見合った代償を支払わなければならない。」


はじめの男は、自分の不遇に対する不満を言うばかりで、それを変えるべく何の代償も支払っていません。

本当は自分に問題があるのに、全てを環境のせいにしています。

勝手に環境が変わることを期待しているだけです。しかし、自分が変わらずに、環境が勝手に良い方向に変わるはずがありません。



二番目の男は、成功を得るために、勉強するためのお金、自分の時間、脳の疲労(議論の勉強は疲れますよね)、その他代償を支払いました。

二番目の男は、代償を支払う都度、それに見合った成功を得ることができています。


自分が支払った代償に見合う報酬は必ず得られるのです!


少なくとも、そう信じて何かを始め、代償を支払い始めない限りは、何も得られません。


そのような代償のうちの1つに議論の勉強が入っている方のために、E−Bookを作りました。

今までの1年間にわたるメルマガを整理し、加筆修正し、わかりにくい例は差し替えたりして、なるべくわかりやすいものに仕上げました。

まとめて読んでみると、理解度が全然違うと思います。

ぜひ、このE−Bookを読んで、あなたが変わり、そして今の環境を変えていって欲しいと思います。


あなたが変われば、必ず環境は変わります!

ほんの少しだとしても、そのための一助となれば幸いです。


値段は、今出ているE−Bookにしては低価格の1,050円(消費税込み)に設定してあります。

とにかく自分が動き出すことです。

今すぐどうぞ。

「弁護士がこっそり教える 知らないと損する議論の常識」

すぐにご購入される方は、こちら。
http://www.infocart.jp/a2.php?af=taniharama&item=2143
まだ迷っている方は、こちら。
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/makoto-t/



そして、特典として、渾身の書き下ろしレポートをつけています。


題名は、

「映画『交渉人』の交渉技術を身につけてあなたもネゴシエーターに!?」です。

こっちの方が魅力的だったりして。(^_-)v ぶいっ!

映画「交渉人」は、シカゴ警察の協力を得て製作されており、映画中に出てくる交渉技術は、交渉の原理原則に則ったものになっています。

その交渉手法について、私が弁護士という職業交渉人としての立場から、分析を加えたものです。

このE−bookをご購入いただいた方しか読むことができない特別限定版のレポートです。

もちろんあなたは今後も人質交渉することはないでしょうが、家族との話し合いでも、ビジネスの駆け引きでも、突然知らない人に絡まれたときのやり取りでも、全て同じ人間の心理戦ですので、原理原則は同じです。

むしろ、人質交渉というようなギリギリの駆け引きで交渉を学んだほうがわかりやすいかもしれません。

ぜひ読んでみてください。E−Bookを購入すればすぐに読めます。

「弁護士がこっそり教える 知らないと損する議論の常識」

すぐにご購入される方は、こちら。
http://www.infocart.jp/a2.php?af=taniharama&item=2143

まだ迷っている方は、こちら。
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/makoto-t/


なお、このE−bookには、アフィリエイト料率70%のアフィリエイトがついています。メルマガやブログ等をお持ちの方は、是非売って稼いでください。2冊売れればただで読めたことになり、もっと売れれば逆に儲かります。


セールスレターが思い浮かばない方は、今回のロイヤーズ・ストーリーをご使用ください。私のE−bookの販売目的に限り使用は自由です。

このメルマガを読んでいただいている方への感謝企画です。


これは必見です!

すぐに購入される方は、こちら。
http://www.infocart.jp/a2.php?af=taniharama&item=2143
まだ迷っている方は、こちら。
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/makoto-t/


今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

では、あなたの健康と幸せを心からお祈り致します。



taniharamakoto at 22:36 
livedoor プロフィール
無料メルマガ!

読者数約17,000人
「弁護士 谷原誠の仕事の流儀」
(マガジンID:0000143169)
メールマガジン紹介

今すぐ登録を!

Powered by まぐまぐ

谷原誠の著書

●人を動かす質問力(角川書店)
●人生を思い通りに変える51の質問(角川書店)
●交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故訴訟における脊髄損傷と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故被害者のための損害賠償交渉術(同文館出版)
●弁護士がきちんと教える交通事故示談と慰謝料増額(あさ出版)
●弁護士・谷原誠式「戦略的交渉術」の極意(宝島社)
●弁護士の論理的な会話術(あさ出版)
●問題を見抜き、先回りし、手を打つ!(三笠書房)
●事業と資産を守りぬく新信託法活用術―資産防衛のための万能薬(カナリア書房)
●確実な債権回収のやり方と法律知識(同文館出版)
●するどい「質問力」! 図解問題を1秒で解決する(三笠書房)
●弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術(日本実業出版社)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか(あさ出版)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか〜実践編(あさ出版)
●思いどおりに他人を動かす交渉・説得の技術(同文館出版)
●他人を意のままにあやつる方法(KKベストセラーズ)
●病院の「医療費回収」マニュアル(ぱる出版)
●訴えてやるっ!―たったひとりの裁判奮戦記(扶桑社 )
●社長!個人情報、その取り扱いはキケンです。(あさ出版)
●意のままに人を動かす心理技術(KKベストセラーズ)
●賃貸トラブル 交渉と解決法(あさ出版)
●これで万全!手形・小切手がわかる本(ティーエスケー)

twitter
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ