マスメディア

2012年07月01日

CIRCUS別冊 即戦力の話し方 (ベストムックシリーズ・56)/著者不明

¥880
Amazon.co.jp

「即戦力の話し方」というムック本に私の取材記事が掲載さています。

内容としては、会議や交渉などの際に言い負かされない議論のテクニックなどです。

本当は、会議も交渉も、テクニックではなく、しっかりと準備をする、ということが最も大切なのですが・・・。

でもテクニックも知っておいて損はないですね。


taniharamakoto at 16:32コメント(0)トラックバック(0) 

2012年06月09日


みらい総合法律事務所で、新刊を出しました。

交通事故訴訟における典型後遺障害と損害賠償実務(ぎょうせい)

交通事故訴訟における典型後遺障害と損害賠償実務/ぎょうせい

¥3,990
Amazon.co.jp

読者として想定しているのは、交通事故の案件を仕事として扱う裁判所の裁判官、弁護士、保険会社などです。

一般の方には、ちょっと難しいかもしれません。

今回は、特殊な後遺障害を除いて、典型的な後遺障害に的を絞って、判例分析をし、その検討をしています。

これまでに、みらい総合法律事務所では、交通事故の専門書として、

「交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務」(ぎょうせい)
交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務/ぎょうせい

¥3,600
Amazon.co.jp


「交通事故訴訟における脊髄損傷と損害賠償実務」(ぎょうせい)

交通事故訴訟における 脊髄損傷と損害賠償実務/ぎょうせい

¥2,800
Amazon.co.jp

を発刊してきましたが、今回の新刊で、3部作が揃ったことになります。

交通事故の実務に携わる専門家の一助となれば、幸いです。



taniharamakoto at 08:53コメント(0)トラックバック(0) 

2012年05月22日

d6f19903.jpg

本日発売の雑誌「週間朝日」に私の取材記事が掲載されました。

内容としては、先日の京都亀岡の暴走事故を通して、危険運転致死傷罪の今後の改正の方向性についてのコメントです。

自動車事故は絶えませんが、悪質な運転をして、結果として事故を起こした加害者に対し、どのような処罰を与えるかについては、感情論だけで決するのではなく、慎重な議論が必要と思います。



taniharamakoto at 18:08コメント(0)トラックバック(0) 

2012年05月10日

4994a97e.jpg

2012年5月2日付の東京新聞に、私の取材記事が掲載されました。

内容は、最近頻発する重大事故に、なぜ危険運転致死傷罪が適用されないのか、についてです。

結論としては、危険運転致死傷罪の適用要件が厳しいのと、立証が難しいことにあります。

危険運転致死傷罪だと最大懲役20年、自動車運転過失致死傷罪だと最大懲役7年。

この差は大きいものがあり、被害者や遺族からは、納得いかない、という声が聞かれます。

危険運転致死傷罪と自動車運転過失致死傷罪の間を埋める工夫が望まれるところです。



taniharamakoto at 18:56コメント(3)トラックバック(0) 

2012年05月08日

2012年5月7日のテレビ朝日「やじうまテレビ」に出演しました。

内容は、2012年4月29日に起きた群馬県の46人が死傷した関越道ツアーバス事故で、バス会社の社長による会見が開かれたことから、その会見内容に関する法的な問題について、コメントを求められたものです。

今は、道路運送法上の違反行為に焦点が当たっていますが、今後は、賠償問題に発展していきます。

運転手を雇用していたとするならば、バス会社は、使用者責任を負担しますし、バスの保有者であれば、自賠法により、損害賠償義務を負担します。

いずれにしても大きな額の賠償となりますので、任意保険に入っているとよいのですが・・・。


taniharamakoto at 13:52コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月29日

23d7064e.jpg


2012年4月29日のテレビ朝日「報道ステーションサンデー」に生出演しました。

今朝、関越自動車道で起きたバスの事故で7人が死亡した事故や、先日京都であった18歳無免許少年による3人死亡事故などを取り上げ、自動車事故に関する法律改正論議を行いました。

平沢勝栄衆議院議員も法律改正に乗り気でした。

番組が終わった後も「やりますよ~」とおっしゃっていました。

まだゴールデンウイークが始まったばかりです。くれぐれも運転には、ご注意ください。



taniharamakoto at 11:39コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月27日

44dc758c.jpg

4月27日のテレビ朝日「モーニングバード」に出演しました。

京都で起きた無免許少年による2人死亡事故で、警察と学校が加害者の父親に対して、被害者の個人情報を漏らしたことに関し、法律的な問題点について解説しました。

加害者の父親は、被害者や遺族に対し、通夜への参列や謝罪のために連絡先を聞きたかったのでしょう。

しかし、警察や学校にとっては、それらは職務上知り得た秘密ですので、秘匿しなければなりません。

通常は、被害者や遺族に情報提供の可否の意思確認をしてから行います。

今回は、無断で行った点に、地方公務員法の守秘義務の問題があります。



taniharamakoto at 19:16コメント(1)トラックバック(0) 
c510bfc3.jpg


4月27日のTBSテレビ「ひるおび」に生出演しました。

内容は、本日千葉であった交通事故についてです。

児童の列に自動車が突っ込んだ悲惨な事故で、現時点で1人死亡が確認されています。

故人のご冥福をお祈り致します。

運転する人は、一時も気を抜くことなく、注意して運転していただきたいと思います。



taniharamakoto at 19:13コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月25日

cbbf5b4e.jpg




2012年4月24日のテレビ朝日「報道ステーション」に出演しました。

内容は、京都で起きた無免許18歳少年による2人死亡事故です。

同乗者も道路交通法違反(無免許)の幇助犯で逮捕されているようです。

危険運転致死傷罪の適用の難しさ、法改正の必要性などを解説しました。



taniharamakoto at 17:40コメント(2)トラックバック(0) 
9da7074a.jpg

2012年4月24日のフジテレビ「スーパーニュース」に出演しました。

内容は、京都で起きた18歳少年による無免許2人死亡事故です。

危険運転致死傷罪と自動車運転致死傷罪の違い、などを解説しました。



taniharamakoto at 12:25コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
無料メルマガ!

読者数約17,000人
「弁護士 谷原誠の仕事の流儀」
(マガジンID:0000143169)
メールマガジン紹介

今すぐ登録を!

Powered by まぐまぐ

谷原誠の著書

●人を動かす質問力(角川書店)
●人生を思い通りに変える51の質問(角川書店)
●交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故訴訟における脊髄損傷と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故被害者のための損害賠償交渉術(同文館出版)
●弁護士がきちんと教える交通事故示談と慰謝料増額(あさ出版)
●弁護士・谷原誠式「戦略的交渉術」の極意(宝島社)
●弁護士の論理的な会話術(あさ出版)
●問題を見抜き、先回りし、手を打つ!(三笠書房)
●事業と資産を守りぬく新信託法活用術―資産防衛のための万能薬(カナリア書房)
●確実な債権回収のやり方と法律知識(同文館出版)
●するどい「質問力」! 図解問題を1秒で解決する(三笠書房)
●弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術(日本実業出版社)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか(あさ出版)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか〜実践編(あさ出版)
●思いどおりに他人を動かす交渉・説得の技術(同文館出版)
●他人を意のままにあやつる方法(KKベストセラーズ)
●病院の「医療費回収」マニュアル(ぱる出版)
●訴えてやるっ!―たったひとりの裁判奮戦記(扶桑社 )
●社長!個人情報、その取り扱いはキケンです。(あさ出版)
●意のままに人を動かす心理技術(KKベストセラーズ)
●賃貸トラブル 交渉と解決法(あさ出版)
●これで万全!手形・小切手がわかる本(ティーエスケー)

twitter
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ