笑い

2011年10月31日


ある男が、オナラ専門の病院に行った。病院


「先生、私は頻繁にオナラが出る病気のようです。幸い音もニオイもしないので、周りの人達に迷惑をかけることはありません。でも、みんながこぞって『病院に行って治せ』というので、仕方なく来ました。本当は来たくなかったのですが・・」



そう言うやいなや、オナラが出た。竜巻










ブッビックリマーク




それはひどい音とニオイで、医者は、気絶しそうになった。気絶

何とか気をとりなおした医者は、書類を書き、男に渡した。レポート


男がその書類を見ると、耳鼻科への紹介状だった。鼻耳

「耳と鼻を治したら、また来たくなるでしょう」




taniharamakoto at 11:49コメント(2)トラックバック(0) 

2011年05月29日

孫がおじいちゃんに聞いた。

タラちゃん「おじいちゃんになって、悪いことって何?」

海平「やっぱり、物忘れがひどくなることだね」

タラちゃん「じゃあ、良いことは何?」

海平「そうだな。2つあるけど、一つは嫌なことがあっても、すぐ忘れられることかな」

タラちゃん「忘れてばっかりだね。もう一つは?」

海平「うーん。もう一つは忘れてしまったな」



私も、40歳を過ぎてしまいましたが、だんだんと物忘れをするようになってきました。

脳を活性化するトレーニングをしないと、本当にこうなってしまうかもしれません。運動

気をつけよう。


taniharamakoto at 18:58コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
無料メルマガ!

読者数約17,000人
「弁護士 谷原誠の仕事の流儀」
(マガジンID:0000143169)
メールマガジン紹介

今すぐ登録を!

Powered by まぐまぐ

谷原誠の著書

●人を動かす質問力(角川書店)
●人生を思い通りに変える51の質問(角川書店)
●交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故訴訟における脊髄損傷と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故被害者のための損害賠償交渉術(同文館出版)
●弁護士がきちんと教える交通事故示談と慰謝料増額(あさ出版)
●弁護士・谷原誠式「戦略的交渉術」の極意(宝島社)
●弁護士の論理的な会話術(あさ出版)
●問題を見抜き、先回りし、手を打つ!(三笠書房)
●事業と資産を守りぬく新信託法活用術―資産防衛のための万能薬(カナリア書房)
●確実な債権回収のやり方と法律知識(同文館出版)
●するどい「質問力」! 図解問題を1秒で解決する(三笠書房)
●弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術(日本実業出版社)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか(あさ出版)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか〜実践編(あさ出版)
●思いどおりに他人を動かす交渉・説得の技術(同文館出版)
●他人を意のままにあやつる方法(KKベストセラーズ)
●病院の「医療費回収」マニュアル(ぱる出版)
●訴えてやるっ!―たったひとりの裁判奮戦記(扶桑社 )
●社長!個人情報、その取り扱いはキケンです。(あさ出版)
●意のままに人を動かす心理技術(KKベストセラーズ)
●賃貸トラブル 交渉と解決法(あさ出版)
●これで万全!手形・小切手がわかる本(ティーエスケー)

twitter
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ