社会の事件

2011年01月07日

自衛隊員(46)が公然わいせつ容疑で逮捕された。

埼玉県のファストフード店のドライブスルーで車の中から女性パート従業員に対し、約10分間、下半身を露出したらしい。

http://tinyurl.com/2cuxpag

ドライブスルーで10分間は長い。

かなり長い時間、にらみ合いが続いている。

後続車はいなかったのだろうか。

理由は、時間帯だ。

午前5時45分ころだったからだ。

時間が長かった故、女性店員の通報により、警察が到着し、現行犯逮捕されている。

場所はドライブスルーだ。

時間帯が昼の混雑時だったら、いくら下半身を露出しても、確実にスルーされていただろう。

露出犯には、これが一番堪える。

露出犯は、女性の驚く顔、恥ずかしがる顔見たさに露出をする。

その期待が裏切られ、無反応だったときには、ショックを受ける。

それは、あたかも物陰に隠れて友だちを驚かそうとして、「ワーッ!」と飛び出しても無反応だった時のようなショックだ。

スピーチの時、当然笑いが起こると信じて疑わないジョークが全く受けなかった時の、あのショックだ。

喜ばれると思って渡したプレゼントに「なーんだ」という反応をされた時の、あのショックだ。

そんなとき、人はその場から逃げ出したくなる。

だから、人から嫌われようと思えば、相手が自分に期待する反応と、逆の反応をし続けることだ。

そうすれば、相手は、あなたから一刻も早く遠ざかろうとする。

逆に、人に好かれようと思えば、相手が自分に期待する反応を、少し大げさにすることだ。

プレゼントをもらったときに、みんな大げさに喜ぶのは、そのためだ。

そうすれば、相手は自尊心を満足させ、あなたと共にいることを心地よく思うだろう。

少し話しが脱線したが、露出犯をなくすには、無反応でやり過ごすドライブスルー作戦が有効だ。

世の女性陣は、ぜひともドライブスルー作戦で露出犯と闘って欲しい。

taniharamakoto at 23:31 

2010年12月26日

また悲惨な事故だ。

12月24日、クリスマスイブ午後11時40分ごろ、福岡県太宰府市向佐野の県道交差点で、ワゴン車と乗用車が衝突し、ワゴン車がはね飛ばされて道路脇の柵をなぎ倒し篠振池に転落した。

7人が死亡した。

ワゴン車の6人と乗用車の1人の計7人だ。

年齢は、26歳、18歳、18歳、18歳、18歳、17歳、生後6ヶ月、の7人だ。

http://tinyurl.com/28tg4cg

http://tinyurl.com/23ngqhx

交通事故の被害者側の事件を多く扱っていると、悲惨な事故を目の当たりにする。

病気で亡くなる場合は、本人も家族も、ある程度心の準備ができる。

しかし、交通事故の場合は、一瞬だ。心の準備もなく、着の身着のままで、突然に巻き込まれる。

それまでの人生がどうであろうと、将来、どんな夢を持って頑張っていようと、一切関係ない。

一瞬のうちに断ち切られるのだ。


自分の最愛の人が、目の前で車にひかれ、亡くなったとしたら、どんな気持ちになりますか?

実際、そんな事故が起きている。

想像してみると、とても無謀な運転も、飲酒運転もできなくなるだろう。

年末にかけて、交通事故が増える傾向にある。

くれぐれも気をつけたい。


taniharamakoto at 17:34 

2010年12月12日

不思議な事件です。

2010年12月11日午後10時半ごろ、山梨県山中湖村山中の国道138号で事故がありました。

妻が、夫(39)を迎えに行く途中、信号待ちで停車していた薬剤散布車の後部にしがみつく夫を発見。

薬剤頒布車を追いかけたところ、約1.7キロ先の路上で倒れている夫を発見し、119番通報した。男性は頭の骨を折り意識不明の重体。酒を飲んでいたという。

運転していた男性会社員(34)は、男性がしがみついていたことに気付いていなかったとのこと。
 
http://news.livedoor.com/article/detail/5202981/

薬剤頒布車の運転手は、男性がしがみついていたことに気づいていなかったとのことですが、これが本当で、かつ気づかないことに過失がなければ罪に問われることはありません。

しかし、この事件には多くの疑問があります。

・この男性は、どうやって現場まで行き、どうやって帰ろうと思っていたのか。
(まさか薬剤頒布車で現場まで行き、帰りもそうしようと思ったわけではあるまい)

・妻は、どういう契機で夫を迎えに行くことになったのか。
(夫が呼んだのであれば、薬剤頒布車にしがみついていること自体が不合理である)

・妻は、交差点でどうやって夫を発見したのか
(反対方向であれば、後部にしがみつく人間を発見できないし、同一方向であれば、夫は家とは反対方向に行こうとしていたことになる)

真相解明が待たれるが、おそらくニュースにはならないだろう。


今回の教訓は、

「飲むなら、しがみつくな。しがみつくなら、飲むな」

いや、そういう問題ではない。

「車にしがみつくのは、やめよう」


taniharamakoto at 18:15 

2010年12月06日



taniharamakoto at 09:00 

2010年12月05日

人が動くのは、自分に精神的・物質的にメリットがあるか、あるいはデメリットを回避する時だ。

ある教師がこれをやった。

岩手県盛岡市の市立中学校で、30代の女性教諭が英語の課題に「これをやらなければ呪いがかかりますよ」と書いて、3年生約140人に配布していたという。

この中学校は、学級崩壊した小学校から進学し、授業態度に問題がある生徒が多い現在の3年生を、この教諭が熱心な指導で、水準学力レベルに引き上げたという。

女性教諭は、生徒に課題をさせたいがために、呪いの言葉を書いてしまったのだろう。

今回、検討するのは、この呪いの言葉が脅迫罪に該当するかどうかだ。

刑法222条
 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。

呪いは、生命、身体、自由、名誉又は財産の全ての害を加えそうである。

しかし、これで脅迫罪成立は、常識はずれのように思われる。

実は、脅迫の内容は、自分が直接・関節にその惹起を支配・左右しうるものとして告知される必要がある。

この女性教諭は、おそらく呪術師ではない。本当に呪いを左右することはできないだろう。

したがって、脅迫罪は成立しない。

今回は、教育者として不適切な行為と言えるかどうか、が問題とされるだけだ。

しかし、呪術師が、心底その呪術師を信奉している信者に対し、「お布施を持ってこないと、呪われるぞ」などと告知したら、脅迫罪や強要罪が成立する余地はある。

そういえば、子供のころ、辛い食べ物が好きだったが、親から「辛い物を食べ過ぎると頭がバカになるよ」と言われ、怖くなって自粛したことがあった。

親と子供の関係から考えると、子供が恐れるのももっともだ。

法律を知っていたら、「それは脅迫罪だ」と言ったのだろうか。

私は自粛したが、次のような子供がいたら、コワイ。

母親「辛い物ばかり食べてると、バカになるよ」
子供「ああ、そういえば、お母さんは、昔から辛い物が好きだったと言ってたね」


taniharamakoto at 13:10 

2010年11月27日

歌舞伎俳優・市川海老蔵氏が西麻布で酒を飲んで殴られ、ほお骨にひびや鼻の左側が陥没骨折すした事件が、ニュースを賑わしている。

これほど有名な人が1人で飲んでいたら、嬉しい声をかけられることもあれば、侮辱的な声をかけられることもあるだろう。

名声を得るときは、必ずその代償も支払わなければならない。

普段は、気をつけているのだろうが、この時は、なぜ避けられなかったのか。

犯人逮捕により真相が解明されることを祈る。

http://www.daily.co.jp/gossip/article/2010/11/27/0003637357.shtml

この怪我で、海老蔵氏の得意とする歌舞伎の「にらみ」が、しばらくの間、できなくなる可能性があるという。

ファン達は、がっかりだ。

「にらみ」の代わりに「チラ見」はできるだろうが、それではファンは納得しない。

酒には十分注意したい。


taniharamakoto at 19:38 

2010年11月21日

2010年10月9日、弘法大師ゆかりの地にある温泉郷、香川県まんのう町のロッジで、男女53人が参加する乱交パーティーで性行為をしていたカップル2組が公然わいせつ容疑で、パーティーの運営にかかわっていた4人が公然わいせつ幇助容疑で逮捕された。

主催者は、もちろん罪に問われるが、乱交パーティに参加して、性行為をしている本人が主犯として罪に問われるので、興味本位で参加するのは、辞めた方がいい。

http://news.livedoor.com/article/detail/5153530/

この乱交パーティーは、「四国の乱」というらしい。

ネーミング力は、ある。

公然わいせつ罪とは、何か。

刑法第174条
公然とわいせつな行為をした者は、6月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

わいせつの定義は、難しいので、今回はやめるが、「公然」とは何か。

公然とは、不特定または多数人が認識しうべき状態のことをいう

不特定であれば、少人数でもいい。

逆に、多数人であれば、特定の人の集団でもいい。

誰もいない無人島で全裸になっても、公然とは言えないので、犯罪は成立しない。

「 SMAP」の草なぎ剛氏は、公園で裸になったとして、2009年4月に公然わいせつ容疑で逮捕されたが、この場合には、不特定または多数人が認識しうべき状態だったからだ。

たまに、飲み屋で酔って裸になる人がいるが、これも公然わいせつ罪成立だ。

香川県の弁護士が、居酒屋で陰部を露出したとして、公然わいせつ罪に問われたケースがあった。

http://mytown.asahi.com/areanews/kagawa/OSK201010150134.html

残念なことだ。

しかし、個人的関係がある少数者だけが参加するカラオケボックス内で裸になっても、不特定または多数人が認識しうべき状態にないから、公然わいせつ罪は成立しないと考える。

脱ぎ癖がある人は、場所柄をわきまえよう。

できるならば、やはり辞めた方がいい。

少し前に流行った、いわゆるハプニングバーで他の人達が見ている前で性行為に及んだ場合にも公然わいせつ罪が成立する。

会員組織にしていても同じだ。

会員組織自体は特定少数になるとしても、人集めの段階で不特定多数から勧誘していれば、不特定多数人が認識しうべき状態にあるといえるためだ。

入り口ドアを施錠して、「不特定の人達は入って来られない」と屁理屈を言っても無駄だ。

法律は、甘くない。

 



taniharamakoto at 12:06 

2010年11月17日

15歳の少年1人と14歳の少年2人が逮捕された。

容疑は、強盗致傷と強要だ。

警察の調べでは、少年3人は共謀の上、9月7日午後7時から約1時間、公園で中学3年の男子生徒3人に、殴るけるの暴行を加えて3人に全治1〜4週間のけがを負わせた上、現金計7200円などを奪ったとのこと。

それだけなら、強盗致傷だが、さらに、3人に携帯用ガスボンベのガスを無理やり吸わせたらしい。これが強要だ。

 http://news.livedoor.com/article/detail/5143956/ 


強盗致傷罪は重い。無期懲役または6年以上の懲役だ。

少年なので、少年法の適用があるが、大人だったら大変だ。

ところで、犯人達は、なぜガスボンベを持っていたのか?

ガスボンベは、ガスを吸引して酩酊状態を楽しむ「ガスパン遊び」のために所持していたということだ。

少年達の間で流行っているらしい。

昔は、シンナーを吸引する「アンパン遊び」が流行ったが、その「アン」を「ガス」に変えただけのことだ。

ここで、ふと疑問に思った。

シンナー吸引を「アンパン遊び」と言うのは、シンナーを袋に入れて、それを吸っている姿がアンパンを食べている姿に似ているからだ。

昔はパンの中では、アンパン人気が高かったからだろう。別に「メロンパン遊び」でもいい。

でも、「フランスパン遊び」は違う。ちょっと大きすぎるぞ。

「アンパン遊び」の語源が、アンパンを食べている姿から来たのだというと、「ガスパン遊び」は理由がつかなくなる。

いや、そんなことはどうでもいい。

この事件を考えるにあたって、何の意味も持たないだろう。



taniharamakoto at 23:39 

2010年11月14日



taniharamakoto at 21:00 

2010年11月05日

2010年6月、新潟県で60代の男性がひき逃げにあったが、警察は、約3週間もの間、捜査に着手していなかった。

ところが、ひき逃げされた妻が自力で証拠を集め、警察に証拠をつきつけたところ、ようやく警察が捜査を開始し、8月25日に自主した女性を逮捕した。

証拠というのは、現場近くのコンビニの防犯ビデオで、そのビデオに、ビデオには歩道を歩く男性の姿と、その後ろを走る白っぽいワンボックスカーが写っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101105-00000076-jij-soci

ひき逃げ事故は、すぐに捜査を開始するのが原則である。なぜなら、事故によって加害車両には、衝突の痕跡が残っているが、時間が経過すると、それを修理して痕跡を消してしまうからである。

最近の事故の捜査では、近くの防犯カメラを検証するのがセオリーだ。今回も、警察がすぐにビデオを確認していれば、逮捕はもっと早かっただろう。

怠慢と避難されてもやむを得ないだろう。

それにしても、被害者の妻はあっぱれだ。執念と捜査能力に敬意を表したい。

被害者である夫は、もし、妻に隠れて悪いことをしても、すぐに妻に捜査され、動かぬ証拠をつきつけられることだろう。

taniharamakoto at 18:33 
livedoor プロフィール
無料メルマガ!

読者数約17,000人
「弁護士 谷原誠の仕事の流儀」
(マガジンID:0000143169)
メールマガジン紹介

今すぐ登録を!

Powered by まぐまぐ

谷原誠の著書

●人を動かす質問力(角川書店)
●人生を思い通りに変える51の質問(角川書店)
●交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故訴訟における脊髄損傷と損害賠償実務(ぎょうせい)
●交通事故被害者のための損害賠償交渉術(同文館出版)
●弁護士がきちんと教える交通事故示談と慰謝料増額(あさ出版)
●弁護士・谷原誠式「戦略的交渉術」の極意(宝島社)
●弁護士の論理的な会話術(あさ出版)
●問題を見抜き、先回りし、手を打つ!(三笠書房)
●事業と資産を守りぬく新信託法活用術―資産防衛のための万能薬(カナリア書房)
●確実な債権回収のやり方と法律知識(同文館出版)
●するどい「質問力」! 図解問題を1秒で解決する(三笠書房)
●弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術(日本実業出版社)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか(あさ出版)
●『私と仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか〜実践編(あさ出版)
●思いどおりに他人を動かす交渉・説得の技術(同文館出版)
●他人を意のままにあやつる方法(KKベストセラーズ)
●病院の「医療費回収」マニュアル(ぱる出版)
●訴えてやるっ!―たったひとりの裁判奮戦記(扶桑社 )
●社長!個人情報、その取り扱いはキケンです。(あさ出版)
●意のままに人を動かす心理技術(KKベストセラーズ)
●賃貸トラブル 交渉と解決法(あさ出版)
●これで万全!手形・小切手がわかる本(ティーエスケー)

twitter
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ